迷わず選べるカタログギフト

お中元・お歳暮

    

贈る時期 お中元:7月上旬~15日(関東) 
         7月下旬~8月15日(関西)
     お歳暮:12月上旬~20日頃

水引   紅白蝶結び・のしつき

表書き  「お中元」
     「お歳暮」

金額の目安3000~5000円 

お中元・お歳暮をもらったら

お返しは必要ありませんが、お礼状を出します。
目上の人やお世話になった方から贈られた場合は時期をずらして
「暑中御見舞」や「御年賀」として贈ることもあります。

お中元・お歳暮

お中元とは、かつてこの時期に、祖先の魂を祭るために一族が親元にあつまった際
それぞれが持ち寄った捧げ物がお中元の贈り物の起源です。
お歳暮とは、新しい年を迎える神祭りのために必要なものを、年末に親元に持っていく
行事がお歳暮の贈り物の起源です。

お世話になった人に贈る

お中元やお歳暮の時期は相手も品物を受け取りやすい時期なので、お礼の品を送るのは
適しています。お中元・お歳暮は継続して贈るものなので
今回限りの場合は表書きを「御礼」または「感謝」として贈るようにします。

お中元・お歳暮のどちらを贈る

お中元・お歳暮の両方を贈ることが望ましいですが、相手によってはどちらかでも
かまわないでしょう。1度にする場合は「1年の感謝を込めて」という意味をこめて
お歳暮を贈るといいでしょう。

贈る時期がはずれてしまったら

お中元の場合、7月16日から立秋(8月8日ごろ)までは「暑中御見舞」や
「暑中御伺い」のかけ紙をかけて送ります。
それ以降、8月末までは「残暑御見舞」や「残暑御伺い」に変えます。
お歳暮の場合、年が明けてから松の内(1月7日)までに届くように
「御年賀」として送ります。