迷わず選べるカタログギフト

香典

    

不祝儀袋

仏式     白無地か蓮の絵柄が印刷された包みに
 黒白か双銀の結び切り
表書きは「御香料」「御霊前」「御香典」
ただし、浄土真宗は通夜、葬儀でも「御仏前」とする

神式     白無地の包みに
       双白か双銀の結び切り
       表書きは「玉串料」「御榊料」「御神饌料」「御霊前」

キリスト教式 白無地封筒か十字架や百合の花などが印刷された包みに
       表書きは「お花料」「御花料」「献花料」
       カトリックは「御ミサ料」
       プロテスタントは「忌慰料」

宗教に関係なく、霊前に供える現金を「香典」といっていますが、香典を入れる
不祝儀袋は故人の葬儀の宗教形式によって異なります。
相手の宗教、宗派が分からない場合は、すべてに使える「御霊前」にすると
よいでしょう。
弔事の表書きには薄墨で名前を書きます。ボールペンやサインペンなどでも
かまいませんが、はっきりと書かず、やわらかな印象で書くようにします。

金額の目安

両親  5万~10万円
兄弟・姉妹 3万~5万円
祖父母 1万円
おじ・おば 1万~2万円
友人・知人 3000~1万円
隣・近所 3000~5000円
勤務先関係5000~1万円

贈る側の年齢や立場でも贈る金額が変わってきますので、あくまでも
目安になります。地域や親類、職場のルールに従いましょう。

弔問の際に

取り急ぎの弔問に香典を用意したり、喪服を着て駆けつけるのは失礼にあたりますので気をつけましょう。
香典は通夜か葬儀(告別式)に参列した際に、ふくさに包んで持参するようにしましょう。

供物・供花またはご厚志辞退とは

「供物・供花の儀はご辞退申し上げます」とあるときは、供物・供花は辞退します、
と言う意味なので香典は持参してもよいでしょう。
「ご厚志はご辞退申し上げます」とあるときは、供物・供花・香典など、いっさいを遠慮
するという意味になります。ただし、「ご厚志ご辞退」の社葬、団体葬のあと、自宅に弔問する際に、香典を持参してもかまいません。

香典返し

香典は本来、お返しは必要ないものですが、現在では香典返しをするのが
一般的になっています。香典返しのタイミングも宗教によって異なってきますが
香典返しは本来、忌明けを迎えたころに贈ります。
現在では、葬儀当日に贈る「即日返し」が多くなっています。

仏式     黒白の結び切り
       表書きは「志」または「忌明志」
       (関西では黄白の水引に「満中陰志」とするところもあります。)
       忌明け 35日か49日
神式     銀一色または黒白の結び切り
       表書きは「志」「偲草」「しのび草」
       忌明け 50日
キリスト教式 表書きは「感謝」「志」など
       キリスト教には忌明けにあたるものがありませんが
       カトリックでは1ヵ月後の命日の追悼ミサの後、「昇天記念」
       プロテスタントでは記念祭後、「召天記念」
       として贈ることが多いようです。
金額の目安 いただいた額の3分の1~半額程度

香典返しが届いたら

香典返しを受け取ったときに、2度とあって欲しくない不幸に対して礼を述べるのは失礼とされているため、お礼を述べるということはありません。
ただ、確実に届いていることを相手に知らせるために、喪中見舞いを兼ねた手紙を
出すか、親しい間柄であれば電話をかけるのもよいでしょう。
品物については届いた旨を伝え「ありがとうございました」などという表現は
用いません。